MENU

無職の旦那のギャンブル癖を治したい!その解決方法は副業です

旦那が無職でギャンブル三昧の日々を送っていて何とか治したいと思っている主婦の方は以外と多いです。

この記事を読んでいるあなたもその1人ですよね。

本記事では、無職でギャンブル癖のある夫にお悩みの主婦に方にむけて、夫のギャンブル癖を治して働きだしてもらうための方法を紹介していきます。

ギャンブル癖のある夫にお悩みの方は参考にしてみてください。

目次

無職の旦那のギャンブル癖を治すには副業を始めましょう

結論からいうと、夫のギャンブル癖を治すには副業を始めることがおすすめです。

まずは、あなたが副業を始めて夫にも同じ副業を手伝って貰いましょう。

いきなりアルバイトや正社員などで働きだすのは、ギャンブル癖の方にはハードルが高いです。

しかし、在宅でマイペースで行える副業なら始めてくれる可能性が高くなります。

副業を始める具体的な理由は3点あります。

  1. 副業で収入を確保
  2. 旦那に少しずつ働いてもらう
  3. 旦那は時間を余らしているため暇つぶし感覚で手伝ってくれる可能性が高い

1つずつ詳しく見ていきましょう。

【副業を始める理由①】副業で収入を確保

まずは、副業を始めることで収入を確保できます。

すでにあなたが、パートもしくは正社員で働いていたとしても夫が無職だと家計は厳しいでしょう。

その家計を少しでも良くするためにも、副業を始めることはおすすめです。

収入が確保することで、精神的にも安定できるので今までよりも冷静に夫と話し合い等を行えます。

ただし、夫に自分が働かなくても生活していけると思わせてはいけません。

夫が働いてくれないと生活ができないから副業を始めたことをしっかりと伝え、副業の手伝いからでいいから働いてもらうようにしましょう。

【副業を始める理由②】旦那に少しずつ働いてもらう

副業を始める2つ目の理由は、夫に少しずつでも働いて貰うためです。

前述した通り、無職でギャンブル癖のある方がいきなりアルバイトや正社員で外に出て働きだすのは、ハードルが高く中々行動に移してくれません。

しかし、在宅で行こなえる副業であれば、少しずつではありますが働いてくれる可能性が高いです。

ゆくゆくは、アルバイトや正社員として働いて貰うためにも、まずは副業をリハビリ感覚でしてもらいましょう。

夫に少しでも働いていないことに対する罪悪感があれば、副業を手伝ってくれるはずです。

無職であっても、何か1つのきっかけで働きだしてくれることはよくあります。

副業を勧めることで、きっかけを作ってあげましょう。

【副業を始める理由③】旦那は時間を余らしているため暇つぶし感覚で手伝ってくれる可能性が高い

無職でギャンブル癖のある旦那は、時間を余らしており暇をしていいる可能性が高いです。

時間が余っており暇だから、ギャンブルにハマっている可能性を考えられます。

まずは、仕事というかしこまった感じではなく、暇つぶしで副業を手伝って貰うように頼んでみましょう。

ギャンブル以外にすることがない状態の旦那であれば、案外あっさりと手伝ってくれることもあります。

副業を始めることで暇な時間が減っていき、徐々にギャンブルにかける時間が減っていくことも期待できます。

まずは、仕事といわず暇つぶしなど気軽さを強調した頼み方をすることが大切です。

仕事というと、めんどくさがって手伝ってくれない可能性があるからです。

旦那がギャンブル依存症の場合

ここまで、紹介してきた方法は、旦那が軽度のギャンブル癖の場合です。

もしも、あなたの旦那がギャンブル依存症と診断されていた場合は、そう簡単には行かないでしょう。

ここからは、旦那がギャンブル依存症と診断された場合の対処法について紹介していきます。

ギャンブル依存症は、れっきとした病気です。

しっかりと治療を行う必要があります。

旦那がギャンブル依存症なのでは?と疑っている場合は、早めに病院に連れていき、医師の診察を受けるようにしてください。

カウンセリングを受けさせる

まずは、旦那にギャンブル依存症であることを自覚してもらうことが大切です。

ギャンブル依存症かどうかは、診断を受けることで自覚してもらうことが可能ですが、自覚して貰った上でカウンセリングを受けることが必要になります。

ギャンブル依存症の相談窓口は、各地方自治体にあるので相談してみましょう。

ギャンブル依存症は、脳の回路が破壊されることで引き起こされる病気です。

また、外見では気づきにくく本人も自覚をしていない事がほとんどです。

素人だけで解決することは、難しいのでしっかりとプロの方のカウンセリングを受けさせるようにしましょう。

病院で治療

ギャンブル依存症に特化した診療科を設置している病院もあります。

ギャンブル依存症の程度によっても、異なりますが投薬治療や入院などの治療を受けることができます。

カウンセリングを受けることで、病院での治療を進められることがあります。

まずは、カウンセリングを受けて病院での治療が必要かどうか、カウンセラーから意見を貰いましょう。

カウンセリングや病院へ行くことを拒まれる可能性もありますが、その場合は妻であるあなただけでも、相談にいくことが大切です。

自助会に参加

ギャンブル依存症を克服したケースで、自助会に参加してギャンブル依存症から立ち直れたということもあります。

ギャンブル依存症への自助会は全国に多数あるので、旦那を誘って参加してみてください。

旦那が自助会へ参加するためには、旦那自らが危機感を持ってもらうことが必要です。

そのためにも、あなたをはじめとした家族がギャンブル依存症でそれだけ被害を受けているか真剣に旦那に伝えるようにしましょう。

旦那にしっかりと、危機感を持ってもらい自助会に参加することで効果が高くなります。

無職の旦那と始めるおすすめの副業3選

ここからは、具体的に旦那と始めるのにおすすめな副業を3つ紹介していきます。

ここで大切になってくるのが、在宅で自分のペースで行える比較的簡単な作業が多い副業です。

それが、以下の3つです。

  • せどり
  • WEBライター
  • データ入力

1つずつ詳しく見ていきましょう。

せどり

1つ目におすすめなのが、せどりです。

せどりは転売などの物販の正式名称になります。

転売と聞くと転売ヤーなど悪いイメージがあるかと思いますが、せどりはそういった悪質な転売行為とは全くの別物になるので安心してください。

一番簡単な方法は、自宅の不用品をメルカリ等のフリマアプリで販売することです。

それが副業?と思われるかもしれませんが、不用品販売も一定額以上の売上を上げると、確定申告が必要になってくるれっきとした副業です。

まずは、せどりに慣れるということで、自宅の不用品販売から始めてみましょう。

自宅の不用品販売でせどりに慣れてきたら本格的にせどりを始めてみることもおすすめです。

せどりの鉄則は安く買って高く売るです。

メルカリ等で商品の適正価格を調べて、その適正価格よりも安くその商品を仕入れることができれば、仕入れ額と販売額の差額分が収益になります。

具体的な仕入れ先としては、リサイクルショップや家電量販店、ドン・キホーテなど通常よりも商品が安く売られている店舗、フリマアプリやヤフオクなどのネットオークションやネット通販です。

WEBライター

2つ目に紹介する副業が、WEBライターです。

WEBライターは、今回紹介する副業の中では一番難しいため、少し難易度は高めですが在宅で自分のペースで行えるためおすすめになります。

WEBライターは、簡単にいうと依頼者の代わりに文章を書いて、報酬を貰う副業です。

執筆をする記事は、ブログ記事やWEB媒体のメディアに掲載される記事など種類は豊富です。

報酬は、1文字1円などの文字単価なことがほとんどですが、初心者であれば1文字0.5円ほどから始めるのが一般的になります。

自分の得意ジャンルであれば、最初から1文字1円以上の案件を獲得することも十分に可能です。

案件は、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスで探すことができます。

初心者向けの案件も多いので、始めやすい副業です。

また、WEBライターはブログ記事を書く事も多い為、外注WEBライターで今の確実な収入を得ながら同時に自分のブログ運営をすることで、今の確実な収入と未来に資産となるかもしれないブログも出来ます。

そうすることで、収入アップとスキルアップの両方を狙えます。

データ入力

最後に紹介する副業が、データ入力です。

データ入力は、依頼者から渡されたデータや指定された内容、調べたものをExcelやGoogleスプレッドシートなどに入力していく仕事になります。

基本的には、単純作業の繰り返しになり、慣れてしまえば作業的に行うことが可能です。

案件も、WEBライターと同じくランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスから探すことができます。

求人サイトでも、データ入力の募集を見かけることがありますが、求人サイトに記載されているものは出社が必要な可能性もあるので、しっかりと確認するようにしましょう。

旦那がどうしても変わらない場合

旦那に副業を勧めたり、カウンセリングや病院での治療を促しても変わらない場合は、別の方法で状況改善を目指していきましょう。

ここからは、旦那がどうしても変わらない場合の対処法を紹介していきます。

生活レベルの見直し

収入が減っている期間は、生活レベルの見直しを行って支出を抑える必要があります。

  • 家賃の安い家に引っ越す
  • スマホを格安SIMに変更する
  • 保険などの内容を見直す
  • 契約しているサブスクサービスを見直す

など、出費を減らせるところは、できるだけ減らせるように心がけましょう。

生活保護

旦那がギャンブル依存症から抜け出せずに、あなただけの収入ではどうしよもなくなった場合は、生活保護も考えましょう。

実際に受給するには、貯金や車がない、頼れる親族がいないなどの条件がありますが自分たちで生活ができないと判断したら、公的制度を頼ることも考えとく必要があります。

実家に帰る

これは最終手段ではありますが、離婚も考えている場合は旦那をおいて実家に帰ってしまうことも考えましょう。

妻に実家に帰られたことで、ようやく事の重大さに気付く可能性もあります。

実家に帰っても、全く変わる様子が見られなかったらその旦那との将来を真剣に考えた方が良いでしょう。

【まとめ】まずは少しずつでも働いてもらうことが大切

今回は、無職の旦那のギャンブル癖を治すための方法を紹介してきました。

旦那がギャンブル依存症であれば、治療から始めることが必要です。

軽度のギャンブル癖程度でしたら、副業を勧めたり自分が副業をして少し手伝ってもらったり、少しずつでも働いて貰うことが大切になります。

1つのきっかけがあれば、働きだしてくれることもあるので、そのきっかけを副業からでも作ってあげましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる